通夜と告別式の前に千葉で葬儀を執り行う際の準備について

新着記事

通夜と告別式の前に千葉で葬儀を執り行う際の準備について

葬儀は通夜と告別式を行いますが、葬儀を執り行うまでに必要な準備なしでは、葬儀は成り立ちません。

葬儀の準備について紹介します。

・葬儀の準備

葬儀は突然決まる事ですから、ほとんどの場合は経験も少なく、準備といっても何をしていいか分からず戸惑う事の方が多いです。

こういう時は葬儀屋がサポートしてくれますが、それでも準備に追われる事になります。

まず遺影を用意しなければいけないので、遺影に使う写真を選びます。

葬儀屋と打ち合わせをしながら進めますが、告別式の時の席順や焼香の順番、弔辞を誰に依頼するか、棺に何を入れるかなど決めなければいけない事がたくさんあります。

打ち合わせの時に、あらかじめ予算を伝えておくと、予算に応じて葬儀屋が手配してくれます。

・火葬場に行くための準備

告別式が終わったら、火葬場に向かいますが、この時火葬場に同行する人もあらかじめ決めておき、マイクロバスの手配なども行います。

霊柩車とマイクロバスの運転手には、心付けを渡しますのでこれも準備しておきます。

心付けに関しては渡さなければいけない決まりはありませんが、一応気持ちとして用意しておくのが一般的です。

・まとめ

葬儀を執り行うだけでもかなり大変ですが、それを滞りなく行うための準備はもっと大変です。

葬儀の時には弔電も送られてきますので、弔電の整理もやっておかないといけません。

こういうことは全て葬儀屋から指示をしてくれます。

千葉県での葬儀なら【博全社】では、スタッフがわからないこと、流れなどを丁寧に指示を出して頂けます。

なので、まずは葬儀屋に聞くことをオススメします。